能作克治のプロフィールと出身大学は?経歴や年収についても!

   

 

7月22日夜の「ガイアの夜明け」に能作克治氏が登場!

観光客でも賑わう奇跡の町工場のお話が紹介されます。

今回は『能作克治のプロフィールと出身大学は?経歴や年収についても!』

というタイトルで、能作社長についてお伝えしたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

スポンサーリンク

能作克治のニュース

 

 

町工場が年間13万人が訪れる人気スポットに!?さらに客感動の新事業まで…

その裏には“父と娘”の物語があった!

▽神業を持つ師匠の技術を継げ!弟子の挑戦にも密着

 

ものづくり大国ニッポンを支えてきた“町工場”。

ガイアもこの20年、ことあるごとにその驚きの技術力とそれを生む職人たちを取材してきた。

しかし今、その環境は一層厳しくなっている。

資金難や後継者不足が深刻化し、どんなに技術があっても廃業を余儀なくされる町工場が

後を絶たない。

そんな中、かつて取材した企業の中に、一際元気な“町工場”があった。

 

鋳物工場で、父から新規事業を任された娘が挑戦するのは何と、観光業にブライダル事業!?

さらに、人の命を救う医療器具を作ってきた“神の手”を持つと呼ばれた男は、

弟子たちと新たなものづくりに挑んでいた。

この時代にもしたたかに生き残り、明日につながる闘いを続ける“町工場”、

その裏に隠された数々のドラマを追う。

 

引用:「ガイアの夜明け」7月22日の案内より

 

能作克治のプロフィール

 

 

名前:能作 克治(のうさく かつじ)

生年月日:1958年5月5日(64歳)

出身地:福井県

出身大学:大阪芸術大学芸術学部写真学科卒

職業:会社社長(株式会社能作代表取締役社長)

趣味:映画鑑賞

 

スポンサーリンク

 

能作克治の経歴と年収

 

経歴について

 

大学卒業後、大手新聞社のカメラマンとして勤務。

1984年、能作入社(未知なる鋳物現場で18年勤務)。

2002年、株式会社能作代表取締役社長に就任。

世界初の「錫100%」の鋳物製造を開始。

能作ならではの斬新な商品群が、大手百貨店や各界のデザイナーなどからも高く評価される。

第1回「日本でいちばん大切にしたい会社大賞」審査委員会特別賞。

第1回「三井ゴールデン匠賞」グランプリ。

日本鋳造工学会第1回Castings of the Yearを受賞。

2016年、藍綬褒章受賞。

画像

新社屋は、日本サインデザイン大賞(経済産業大臣賞)。

日本インテリアデザイナー協会AWARD大賞。

Lighting Design Awards 2019。

Workplace Project of the Year(イギリス)。

DSA日本空間デザイン賞銀賞(一般社団法人日本空間デザイン協会)。

JCDデザインアワードBEST100(一般社団法人日本商環境デザイン協会)。

など数々のデザイン賞を受賞。デザイン業界からも注目を集めている。

 

『社員15倍!見学者300倍!踊る町工場―伝統産業とひとをつなぐ「能作」の秘密』

が初の著書(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

引用:https://www.hmv.co.jp/

 

 

 

年収について

年間の売り上げが約16億円、社員数160名、で同規模の製造業の社長の年収から、

推測するとおよそ2千万円~3千万円程になるのでは・・と思われます。

 

 

ネットの反応

 


まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は『能作克治のプロフィールと出身大学は?経歴や年収についても!』

というタイトルで、能作社長についてお伝えしました。

 

『能作』の作品は、MOMAにも展示されているとか、

また、会社見学の小学生が「ディズニーランドより面白かった!」と喜んでたとか、

『能作』は何かとんでもない可能性を秘めた会社の様です。

番組での能作社長のお話が楽しみですね。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。