【最新】マスク徳島の在庫や入荷状況は?品切れ状態はいつまで?


日本全体がマスク品切れ状態の毎日です。

この様なことはいつまで続くのでしょうか?

 

ヨーロッパでの爆発的な新型コロナウィルス感染拡大を見ると、

日本の対策は正しかったのかと思えますが、

国内の感染者が増え続けている以上安心は出来ません。

 

徳島でも感染者が一人出て感染経路を断つ努力がなされている様ですが

一方でマスク不足は深刻な状況です。

今回は『【最新】マスク徳島の在庫や入荷状況は?品切れ状態はいつまで?』

というタイトルで徳島のマスクの在庫状況、入荷状況について書いてみます。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

スポンサーリンク

徳島のマスクの在庫状況

 

以前徳島の偉い方が外国に大量のマスクを寄付したとかでtwitterがざわついていましたが、

今まさに徳島のマスクが不足しています。

 

菅官房長官が6億枚作ってますといっても、1億人で分ければ一人に6枚ですよね。

全く焼け石に水とはこの事ではないでしょうか。

 

まあ、政府の方も70%のマスクを中国からの輸入に依存していたのでしたら、

今更あわてふためいても遅いってことですよね。

ただ、420万枚を医療機関優先に配布するという事ですから、

徳島にも3~4万枚は配布されるのではないかと思われます。

徳島のマスクの入荷状況

 

医療関係者にマスクが行き渡っても、

一般の人々は各店々の入荷を待って購入するしかありません。

しかし、どの店に行ってもマスクの棚には「入荷未定」の

貼り紙しかありません。

 

それでも入荷が無い訳ではないのですから、

今、マスクを入手する為にはある程度の努力が必要です。

例えば開店前に行列が出来ていれば、早く並べばそのお店で買えるわけですから、

前日夕方にお店で確認して翌日は止めに並べば良い訳ですが、

やはり個数に制限がかかることは間違いないでしょう。

そうした場合には楽天などの通販店を利用するのも手ですね。

↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーリンク

徳島のマスク品切れ状況はいつまで?

 

焼け石に水の在庫状況、行列に並ぶか通販に頼るか、

この様な品切れ状況はいつまで続くのでしょうか?

 

残念ながら中国の70%が戻らないと無理かも知れません。

今までの平時でそのバランスが取れていた訳ですから、

今回の様な非常時では必要のない買い溜めまで横行して、

恒常的なマスク不足は1~2か月は続くものと思われます。

ネットの反応

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は『【最新】マスク徳島の在庫や入荷状況は?品切れ状態はいつまで?』

というタイトルで徳島のマスクの在庫状況、入荷状況について書いてみました。

 

出来るだけ多くの家庭、多くの人々にマスクが行き渡って、

感染拡大が一日も早く収束することを祈りたいですね。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

 

スポンサーリンク