寺嶋毅東京歯科大教授の経歴とプロフ!話の内容が伝わらない理由は?

 

新型コロナの番組には必ずと言っていい程お顔を出される寺嶋先生。

イマイチお話の中身がよく入ってこない気がするのは何故でしょうか?

 

今回は『寺嶋毅東京歯科大教授の経歴とプロフ!話の内容が伝わらない理由は?』

と言うタイトルで、寺嶋先生の”お話”についてお伝えしたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読み下さい。

 

スポンサーリンク

寺嶋先生の経歴

 

12
出典:http://www.tdc.ac.jp/

 

スポンサーリンク

 

寺嶋先生のプロフィール

 

 

名前:寺嶋 毅 (てらしま たけし)

生年月日:1964年 56歳 (推定)

出身地:不明

学歴:慶應義塾大学医学部卒業

血液型:不明

趣味:不明

所属:東京歯科大学市川総合病院呼吸器内科教授

 

寺嶋先生の情報はネット上にも乏しく、不明な点が多い様です。

ご年齢だけは1988年に慶應義塾大学医学部を卒業という事から

単純に考えて1964年のお生まれではと思われます。

 

先生の詳しいお仕事については

 

東京歯科大学市川総合病院 呼吸器内科 教授

慶應義塾大学医学部卒業。

内科学会専門医、呼吸器学会専門医・指導医、感染症学会専門医・指導医、

臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医、指導医、緩和医療認定医の資格を持ち、

新型コロナウイルス感染症の診療、肺がんの診療に従事している。

がん関連3学会合同新型コロナウイルス感染症対策ワーキンググループ長として

「新型コロナウイルス感染症とがん診療について:患者さん向けQ&A」、

「同医療従事者向けQ&A」の作成に携わっている。

出典:https://www.japancancerforum.jp/

 

とあります様に、呼吸器と感染症の専門医で、新型コロナウィルス感染症に関しては

学問だけではなく実際の診療に携われているという事からも、

このコロナ禍の中で頼れる先生のお一人に間違いないと思います。

 

 

ー広告ー

エレガントなセンスが光るお得なセット ♪

楽天でチェック!

 

 

 

寺嶋先生のお話の内容が入ってこない!

 

困ったことに先生のお話がなかなか入ってこないという複数の声があります。

一体なぜなのでしょうか?

滑舌?話し方?風貌?(失礼)・・・何か原因があるはずですよね~。

 

数多くのテレビ番組にも出演されて、

役に立つお話をされているのでしょうから、とても勿体ない事だと思います。

 

しかし、甚だ恐縮ですが、テレビ番組でコメントされるなら、

先生も番組側も「もっとしっかり伝える工夫」をしてほしいですね。

 

➀ 先生ご自身もご自分のお話をモニターする。

② 番組側もモニターする。

③ その都度フリップを使うなり、スタジオでまとめるなりする。

 

③については既に実施済みかも知れませんが、

どれだけ視聴者に内容が伝わっているのかをチェックすれば、

改善策も出てくるのではないかと思います。

 

先生のお顔は十分印象に残ってますが、

お話の内容がいつも「なんだっけ?」と言う感じで

とても勿体なくて残念な気持ちになりますね~。

 

 

ネットの反応

 

 

滑舌もですが…この方は話の途中で、なんとも言えない『間』が頻繁に発生するから

見てる方がヒヤヒヤするというか:(;゙゚’ω゚’)

 

こういう人はコメンテーターに向きませんね 聞いていて何が言いたいのか解りませんでした

そくチャンネル換えましたわ(-“-)

 

下手ですね。 とにかく長い。 医者に多いタイプだと思います。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は『寺嶋毅東京歯科大教授の経歴とプロフ!話の内容が伝わらない理由は?』

と言うタイトルで、寺嶋先生の”お話”についてお伝えしました。

 

ご専門の先生方は”話し伝える技術”も必要なのですね~。

大変でしょうけど、更なるご健闘をお祈りいたします。

 

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

スポンサーリンク