金井隆典のプロフィールと出身大学は?経歴と受賞歴についても!

   

 

11月2日の「ヒューマニエンスQ(クエスト)」に金井隆典さんが出演!

金井隆典さんってどんな人なのか気になり少し調べてみました。

今回は、『金井隆典のプロフィールと出身大学は?経歴と受賞歴についても!』

というタイトルで、金井隆典さんについてお伝えしたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

 

スポンサーリンク


 

金井隆典のニュース

 

ヒューマニエンスQ (クエスト) 「“腸” 脳さえも支配する ...

 

ヒューマニエンスQ (クエスト)「“腸” 脳さえも支配する?」

 

人間という不思議な存在を問い続ける「探求の旅」シリーズ。

今回は、自ら考え、行動する臓器「腸」。

ヒトの性格や好みも脳に深く働きかけている。

その水面下の支配力とは?

 

 

番組内容

今回のテーマは「腸」。腸は自らが“考え”行動する臓器だ。

1億もの神経細胞と、栄養を判別するセンサーを持つ腸は、

脳とは独立した生命体のように活動する。

脳の神経細胞は、もともと腸から生まれたことから、いわば脳の親ともいえる存在である。

さらに「人格」や「感情」、「好み」といった脳の本能的な部分に、

腸が深く関わっていることもわかってきた。

腸と脳という二つの“考える臓器”が交錯する、人間の根源を妄想する。

 

出演者

【司会】織田裕二,藤井彩子,【出演】大原千鶴,【解説】金井隆典,福土審,

【語り】藤井千夏

 

引用:「ヒューマニエンスQ(クエスト)」の番組案内から

 


 

金井隆典のプロフィール

 

Image

出展:Twitter

 

 

名前:金井 隆典(かない たかのり)

生年月日:不明

出身地:不明

出身大学:慶應義塾大学医学部卒業、

慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程所定単位取得

職業 :慶應義塾大学, 医学部(信濃町), 教授

学位:医師免許(1988年)、医学博士(1994年)

主な研究領域:消化器病学・炎症性腸疾患・腸内細菌・免疫学・神経免疫学

 

スポンサーリンク


 

金井隆典の経歴と受賞歴

 

Dr. 金井 隆典 :「WhytRunner」Specialist Doctors Interviews ...

出展:www.whytlink.com

 

 

経歴

 

1988年3月 慶應義塾大学医学部卒業
1988年4月 慶應義塾大学大学院医学研究科入学
1992年3月 慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程 所定単位取得退学
1992年4月 慶應義塾大学医学部内科学(助手)
1994年2月 慶應義塾大学 博士(医学)取得
1995年9月 ハーバード大学Beth Israel Medical Center (リサーチフェロー)
2000年8月 東京医科歯科大学医学部消化器内科学(助手; 2004年より講師)
2008年4月 慶應義塾大学医学部消化器内科(准教授)
2013年8月 慶應義塾大学医学部消化器内科(教授)
2014年4月 AMED(難治性疾患実用化研究事業; 統括班長)
2014年10月 慶應義塾大学病院免疫統括医療センター(センター長)
2016年4月 慶應義塾大学病院IBDセンター (センター長、兼任)
2016年10月 AMED-CREST(主任研究者)
2017年10月 慶應義塾大学医学部学部長補佐(兼任)
2018年7月 慶應義塾大学病院消化器センター (センター長、兼任)
2019年10月 慶應義塾大学医学部総合医科学研究センター(副センター長、兼任)
2020年 5月 コロナ制圧タスクフォース研究統括責任者

 

 

受賞歴

 

2008年 慶應義塾大学医学部三四会 北島賞
2020年12月 日本免疫学会ヒト免疫研究賞
2021年4月 日本消化器病学会学術賞

 

 

出展:https://www.med.keio.ac.jp/

 


 

ネットの反応

 


 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は、『金井隆典のプロフィールと出身大学は?経歴と受賞歴についても!』

というタイトルで、金井隆典さんについてお伝えしました。

 

① 腸は自らが“考え”行動する臓器

② 腸は脳とは独立した生命体のように活動する

③ 脳の神経細胞は、もともと腸から生まれたことから、いわば脳の親ともいえる存在

④ 「人格」や「感情」、「好み」といった脳の本能的な部分に、腸が深く関わっている

この様な腸の性質や機能は今まで見聞きした事がありません。

金井隆典先生が番組でどの様なお話をされるのかとても楽しみですね~♪

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です