嘉糠洋陸のプロフィールと出身大学は?経歴や年収についても!

   

 

9月25日の「サイエンスZERO」に嘉糠洋陸さんが出演!

嘉糠洋陸さんって実際はどんな人なのか調べてみました。

今回は、『嘉糠洋陸のプロフィールと出身大学は?経歴や年収についても!』

というタイトルで、嘉糠洋陸さんについてお伝えしたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

 

スポンサーリンク

 

 

嘉糠洋陸のニュース

 

 

 

サイエンスZERO「恐ろしくも華麗な“蚊” 秘められたチカラを解明せよ!」

感染症を媒介するやっかい者の「蚊」。

あらゆる角度から生態を研究すると、驚くべき能力が明らかに!

蚊の特徴をいかした“蚊よけ”や暮らしに役立つ技術への応用まで。

 

 

番組内容

「蚊」はマラリアやデング熱などの感染症を媒介し、年間72万人以上もの命を奪う。

対抗するため、世界ではあらゆる角度から蚊の生態の研究が行われてきた。

すると、蚊は驚くべき感度で人を認識し、特殊な針で気づかれないように血を奪うなど

超ハイテク能力を持つことが明らかに。

今、こうした蚊の特徴をいかした確実な“蚊よけ”の開発や暮らしに役立つ技術への応用研究が

始まっている。“人類最強の敵”である蚊を見つめ直す。

 

引用:「サイエンスZERO」の番組案内から

 

嘉糠洋陸のプロフィール

 

画像

出展:twitter

 

 

名前:嘉糠 洋陸(かぬか ひろたか)

生年:1973年(49歳)

出身地:山梨県甲府市大里町

出身大学:東京大学農学部獣医学科卒業、

大阪大学大学院医学系研究科博士課程修了

職業:東京慈恵会医科大学・教授

 

スポンサーリンク

 

嘉糠洋陸の経歴

 

画像

 

略歴

1991 年 3 月 山梨県立甲府南高等学校 卒業

1991 年 4 月 東京大学教養学部理科 II 類 入学

1997 年 3 月 東京大学農学部獣医学科 卒業

1998 年 4 月 日本学術振興会特別研究員( DC1 )

2001 年 3 月 大阪大学大学院医学系研究科博士課程 修了 博士(医学)

2001 年 4 月 理化学研究所 基礎科学特別研究員

2003 年 2 月 米国スタンフォード大学医学部 研究員 (日本学術振興会海外特別研究員)

2005 年 12 月 帯広畜産大学原虫病研究センター 教授

2011 年 6 月 東京慈恵会医科大学 熱帯医学講座 教授

2013 年 8 月 文部科学省 学術調査官(兼任)

2015 年 4 月 東京慈恵会医科大学 衛生動物学研究センター センター長(兼任)

 

所属学会

日本寄生虫学会(評議員)・日本分子生物学会

 

自己紹介

専門は医(衛生)動物学、特に病原体媒介節足動物の生物学。寄生虫学。

座右の銘は”好きこそものの上手なれ”。

知る人ぞ知るhartmann愛好家で、ガーメントやスーツケース、

果ては名刺入れから財布に至るまでベルティングレザーで囲まれる。

出展:http://www.jikei-tropmed.jp/

 

年収

嘉糠洋陸先生の年収は公表されていません。

なので、あくまでも勝手な推測のお話になります。

 

大学教授の年収は1000万円~1100万円程と言われますんが、

嘉糠先生の場合は、著作、講演、メディア出演等がありますので、

その年収はおよそ1200万円~1300万円程ではないかと思われます。

 

嘉糠洋陸先生の「なぜ蚊は人を襲うのか」を楽天でチェック!

 

 

ネットの反応

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は、『嘉糠洋陸のプロフィールと出身大学は?経歴や年収についても!』

というタイトルで、嘉糠洋陸さんについてお伝えしました。

 

マイクロソフトのビル・ゲイツ氏も「蚊は人類最大の敵」と言ったとか。

確かに日本に於ける癌の死亡者数約38万人(年間)と比べても、

年間72万人の命を奪う蚊は、小さいけど強大な敵と言えるでしょう。

 

また、複数の手術道具を使い分ける様な、蚊の巧妙な”吸血技術”は

驚異としか言いようがありません。

 

【なぜ蚊は人を襲うのか】・・嘉糠洋陸先生の本を一度読んでみたいと思います。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です