ローラン・ボーニッシュのプロフと最終学歴は?経歴や年収も調査!

   

 

9月25日の「美の壺」にローラン・ボーニッシュさんが登場!

ローラン・ボーニッシュさんってどんな人か調べてみました。

今回は、『ローラン・ボーニッシュのプロフと最終学歴は?経歴や年収も調査!』

というタイトルで、ローラン・ボーニッシュさんについてお伝えしたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

スポンサーリンク

 

ローラン・ボーニッシュのニュース

 

サムネイル

 

 

美の壺・選「一杯の至福 コーヒー」

一杯のコーヒーで味わう、至福のひと時。

豊かな香りと味の余韻を生み出すのは、職人たちの技。

「抽出」「焙煎(ばいせん)」「エスプレッソ」、それぞれの物語を味わう!

 

 

番組内容

豊かな味と香りを引き出す「ドリップ」。

ハンバーグのように膨らむ抽出の技とは?!

▽世界2位のサイフォニストがいれる「サイフォンコーヒー」

▽コーヒー豆を焼き上げる「焙煎(ばいせん)」。

機械と手回し、それぞれの名人が、豆の一瞬の変化を見極める!

▽イタリア人がエスプレッソに欠かせない「コーヒーのシャツ」とは?

▽「飲んで5分後に味が出てくる」という、新感覚のエスプレッソの秘密に迫る!

引用:「美の壺」の番組案内から

 

 

ローラン・ボーニッシュのプロフィール

 

画像

出展 : twitter

 

 

名前:Laurent Borniche (ローラン・ボーニッシュ)

生年:不明

出身地:フランス ヌイイ市

最終学歴:エコール・デ・フル―リスト・ドゥ・パリ

職業:フラワーデザイナー

趣味:エスプレッソ・コーヒー

 

スポンサーリンク

 

ローラン・ボーニッシュの経歴

 

画像

出展 : twitter

 

経歴について

 

フランス・ヌイイ市の実家がお花屋さんというローラン・ボーニッシュさんは、

小さいころからお店の花々に囲まれて育ったようです。

お店は街で100年続くお花屋さんでローランさんは4代目。

 

16歳の頃から家業のフローリストを目指す決心したローランさんは、

パリの歴史ある花屋さんで修業を積み、

20歳で<フランスフローリスト国家資格>を取得します。

 

その後、エコール・デ・フル―リスト・ドゥ・パリに学び、

花卉園芸の知識や技術を身に着け、卒業後はフラワーデザイナーの道に入ります。

 

1998年、母校より”派遣講師”として来日し、以降15年間、

【フランスの花文化】を日本に広めてこられました。

 

2014年10月、Laurent B Bouquetier (ローラン・ベー・ブーケティエ)という

会社を設立して現在に至ります。

 

来日されてから24年になられるという事は、余程日本が気に入られたのでしょうか?

だとすればなんだか嬉しいですよね~♪

 

年収について

 

ローラン・ボーニッシュさんの年収は公表されていません。

ですので、勝手な推測になりますが・・・。

 

フラワーデザイナーとしての年収が600万円~700万円とすると、

執筆活動、講演、教育、メディア出演なども有りますので、

年収は900万円~1,000万円程ではないかと思われます。

 

 

ローラン・ボーニッシュさんの

「フレンチスタイルの花贈り 暮らしを彩るブーケとアレンジメントの作り方」

を楽天でチェック!

 

 

 

 

ネットの反応

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は、『ローラン・ボーニッシュのプロフと最終学歴は?経歴や年収も調査!』

というタイトルで、ローラン・ボーニッシュさんについてお伝えしました。

 

番組のテーマが「一杯の至福 コーヒー」なのに、出演者はフラワーデザイナー?

と思いましたが、おそらくコーヒーは趣味として楽しまれているのでしょう。

本場のエスプレッソのお話が沢山聞けそうで楽しみですよね~♪

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です