新型コロナウィルスの被害が日本で少ない理由とは?世界と何処がどう違う?


 

緊急事態宣言が全面解除の方向に向かっているとは言うものの、

新型コロナウィルスの感染拡大については安心できる状況にはまだ遠い模様ですね。

 

未知のウィルス故に、第一波、第二波という概念自体マトを得ているのかも不明であり、

ウィルス自体は蔓延の状況が変わらないのに、政治的都合からのアピールであることも、

一度は疑ってみる必要があるのではないでしょうか。

 

それにしても、我が国では外国に比べて被害が少なく、

しかもうまくウィルスと共存しているかのように見えます。

 

今回は『新型コロナウィルスの被害が日本で少ない理由とは?世界と何処がどう違う?』

と言うタイトルで、日本の奇跡の謎について触れてみたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読み下さい。

スポンサーリンク

被害が日本で少ない理由とは?

 

【人種】

・アジア人(特に東アジア人)はそもそもコロナウイルスに強かった

・アジア人は別種のコロナウイルスによって既に免疫を獲得していた

【習慣】

・マスクをする習慣があった

・花粉症シーズン直前で各家庭にマスクの備蓄があった

・手洗いうがいの習慣があった

・市中に清潔な水と石鹸が豊富にあった

・屋内で靴を脱ぐ習慣があった

・毎日入浴する習慣があった

・宗教施設等に世代をこえた人々が集まる習慣がなかった

・大規模なデモに世代をこえた人々が集まる習慣がなかった

・ハグ、キスの習慣がなかった

・日本語話者は他の言語に比べて会話の際に感染源となるような飛沫が発生しづらかった

・集団接種を行っているBCGワクチンに免疫力を高める効果があった

・高齢者と若年層の同居が少なかった

【食事】(全て追記)

・朝食以外の集団での食事の際には箸を使うことが多かった

・料理は大皿から取り分けるのではなく事前に個別の皿に取り分けられていることが多かった

・流行期に鍋のシーズンが終わっていた

【政治】

・比較的早期に休校を要請した

・比較的早期に大規模イベント等の自粛を要請した

・比較的早期に各自治体の長が市民に対する注意喚起を行った

・政府の政策責任者が専門家に対策を丸投げしており、余計なことをしなかった

・東京、大阪、愛知等の大きな自治体の長が(それぞれ毀誉褒貶あれど)適切に事前事後の対策を講じた

・自粛要請のタイミングが適切だった

【医療機関・専門家チーム】

・そもそも各医療機関の対応能力が高かった

・CTが多かった

・専門家チームが優秀だった

・クラスター対策チームが優秀だった

・市民に対して「手洗いの徹底」「三密避け」を呼びかけた

・外出自粛のガイドラインを作成し、市民に対してその遵守を求めた

・PCR検査を絞ったことで病院が感染源となることを防いだ

・保健所の患者追跡能力が高く「クラスター潰し」がうまくいった

【DP号】

・DP号における集団感染を適切に乗り切った

・DP号のおかげで比較的早期に新型コロナウイルスに対する知見が深まった

【北海道】

・北海道における第一波を適切に乗り切った

・北海道における第一波から得られた知見から、クラスター潰しと外出自粛要請が対策として効果的であることが第二波発生以前に広く市民に伝わっていた

【国民性】

・多くの市民が専門家チームの呼びかけに従った

・市民が政府からの強制力のない自粛要請に従った

・市民間の相互監視が単なる自粛要請を強制力のあるものに変えた

・皆がマスクをした

・皆が手洗いうがいをした

・皆が外出を控えた

【ワイドショー】

・ワイドショーが四六時中恐怖を煽った

【志村けん】

・志村けんが死んで皆がビビった

 

引用:https://anond.hatelabo.jp/

 

 

数多くの総合的な理由の中で!

 

多くの理由が挙げられる中で、どれが最も大きな理由かと言われれば、

① アジア(日本)人は別種のコロナウイルスによって既に免疫を獲得していた

② マスクをする習慣や手洗いうがいをする習慣があった

の2点に絞られるのではないでしょうか?

 

新型コロナウィルス感染拡大以前から、大陸からのお客様と接触するうちの既得免疫があって、

しかも、昔から「外から帰ったらまず手洗い・うがい」などと対インフルエンザの備えがあり、

おまけに風邪もひいてないのに予防でマスクをする人、

他人に飛沫を浴びせない様にと他人の為にマスクをする国民性。

 

これらが日本の奇跡を生み出しているのではないでしょうか?

やがて、時間の流れと共に核心の部分が解明されていくと思います。

スポンサーリンク

 

ネットの反応

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は『新型コロナウィルスの被害が日本で少ない理由とは?世界と何処がどう違う?』

と言うタイトルで、日本の奇跡の謎について触れてみました。

 

新しい生活様式と言われる、マスク・ゴーグル(メガネ)の着用

手で顔を触らない事、手洗い、うがいの一層の徹底。

三密を避ける、外食は広い店で・・・等々

ひとつひとつ、出来る事をやる!

 

これからが本番とも言えるでしょう。

皆で力を合わせて【奇跡を継続】させたいものですね~。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

 

スポンサーリンク