後白河法皇(西田敏行)の死因は?「鎌倉殿」で次に亡くなるのは誰?

   

 

大河ドラマ「鎌倉殿」の第22回【義時の生きる道】で亡くなるのは誰でしょう?

”後白河法皇”と言う噂が有りますが、法皇の死因は一体何だったのでしょうか?

今回は『後白河法皇(西田敏行)の死因は?「鎌倉殿」で次に亡くなるのは誰?』

と言うタイトルで、後白河法皇についてお伝えしたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

 

スポンサーリンク


 

後白河法皇(天皇)のニュース

 

 第22話は「義時の生きる道」。

源頼朝(大泉洋)の上洛が決まり、命に従って随行する北条義時(小栗)。

大軍を率いて念願の京へと上った頼朝は、後白河法皇(西田敏行)九条兼実(田中直樹)と

会談。今後の世の在り方を思い描く。

そんな中、自分たちには利益のない上洛に、三浦義澄(佐藤B作)岡崎義実(たかお鷹)

千葉常胤(岡本信人)らの不満が募る。

一方、比企能員(佐藤二朗)は比企家の地位を盤石にするため、

一族の比奈(堀田真由)を…という展開。

 

引用:sponichi annex 6月5日

 

6月5日の第22話では後白河法皇と頼朝の会談の模様が見られそうですね~。

 

 

後白河法皇(天皇)のプロフィール

 

後白河天皇

天子摂関御影』より「後白河院」
藤原為信 画

即位礼 1155年11月22日(久寿2年10月26日
大嘗祭 1155年12月19日(久寿2年11月23日
元号 久寿
保元
時代 平安時代
先代 近衛天皇
次代 二条天皇

誕生 1127年10月18日大治2年9月11日
崩御 1192年4月26日建久3年3月13日
六条殿
大喪儀 1192年5月2日(建久3年3月19日
陵所 法住寺陵
追号 後白河院
(後白河天皇)
雅仁
別称 行真法皇
元服 1140年1月18日保延5年12月27日
父親 鳥羽天皇
母親 藤原璋子
中宮 藤原忻子
女御 藤原琮子
平滋子
子女 二条天皇
亮子内親王
好子内親王
式子内親王
守覚法親王
以仁王
円恵法親王
定恵法親王
休子内親王
惇子内親王
恒恵
高倉天皇
静恵法親王
道法法親王
承仁法親王
真禎
覲子内親王
皇居 平安宮

引用:wikipedia

 

後白河天皇(ごしらかわてんのう、1127年10月18日大治2年9月11日[1]– 1192年4月26日建久3年3月13日[2]は、日本の第77代天皇(在位: 1155年8月23日久寿2年7月24日〉- 1158年9月5日保元3年8月11日〉)。雅仁(まさひと)。源頼朝から付けられた日本一の大天狗のあだ名も有名である。

鳥羽天皇の第4皇子として生まれ、異母弟・近衛天皇の急死により皇位を継ぎ、譲位後は34年にわたり院政を行った。その治世は保元平治の乱治承・寿永の乱と戦乱が相次ぎ、二条天皇平清盛木曾義仲との対立により、幾度となく幽閉・院政停止に追い込まれるがそのたびに復権を果たした。政治的には定見がなくその時々の情勢に翻弄された印象が強いが、新興の鎌倉幕府とは多くの軋轢を抱えながらも協調して、その後の公武関係の枠組みを構築する。南都北嶺といった寺社勢力には厳しい態度で臨む反面、仏教を厚く信奉して晩年は東大寺の大仏再建に積極的に取り組んだ。和歌は不得手だったが、今様を愛好して『梁塵秘抄』を撰するなど文化的にも大きな足跡を残した。

 

引用:wikipedia
 

スポンサーリンク


 

後白河上皇(天皇)の死因は?

 

 

建久2年(1191年)、幕府の支援により戦乱と地震で荒廃していた法住寺殿の再建工事が始まった(『吾妻鏡』2月21日条)。法住寺殿は後白河院にとって、滋子と日々を過ごした懐かしい御所であり、再建は悲願だったと思われる。12月16日、後白河院は完成した御所に移り(『玉葉』同日条)、造営を担当した中原親能・大江広元に剣を下賜(『吾妻鏡』12月24日条)、丹後局・吉田経房は頼朝に「法住寺殿の修理美を尽さるる事」を感謝する書状を送った(『吾妻鏡』12月29日条)。

ところが法住寺殿に戻ってすぐに、後白河院は「御不食」「御増気あり。又御脚腫れ給ふ」と体調を崩す(『玉葉』12月25日条)。その後、長講堂供養のため六条殿に御幸するなど快方に向かうかに見えたが(『玉葉』12月28日条)、翌閏12月に再び発症して病の床についた(『玉葉』閏12月16日条)。平癒を祈って非常大赦が出され(『玉葉』閏12月17日条)、崇徳上皇の廟・藤原頼長の墓への奉幣、安徳天皇の御堂建立なども行われるが(『玉葉』閏12月29日条)、容態は日増しに重くなっていった。

建久3年(1192年)2月18日、雨の降る中を後鳥羽天皇が見舞いのため六条殿に行幸する(『玉葉』同日条)。後白河院は「事の外辛苦し給ふ」という病状だったが(『玉葉』2月17日条)大いに喜んで、後鳥羽の笛に合わせて今様を歌っている。後鳥羽帝が還御すると、後白河院は丹後局を使者として遺詔を伝えた。その内容は、法住寺殿・蓮華王院・六勝寺・鳥羽殿など主要な部分を天皇領に、他の院領は皇女の亮子・式子・好子・覲子にそれぞれ分与するというもので(『明月記』3月14日条)、後白河院に批判的な九条兼実も「御処分の体、誠に穏便なり」としている。

前年、「后位にあらず、母儀にあらず、院号を蒙むる例、今度始めなり」(『玉葉』建久2年6月26日条)と先例を破って女院宣陽門院)となった覲子内親王には、院領の中でも最大規模の長講堂領が譲られた。さらに後白河院は、覲子について特に配慮するよう後鳥羽帝に念を押している。遅く生まれた子である覲子を溺愛し、気にかけていた様子がうかがえる。覲子の母・丹後局はすでに譲られていた21か所の領地・荘園について、改めて「公事免除」の院庁下文を与えられた(『鎌倉遺文』584)。一方で丹後局や院近臣は院の生前に権益を保持しようと、競って新たな荘園を立てたが、後に九条兼実によってほとんど停止されている[19]

後事を託した後白河院は、3月13日寅の刻(午前4時頃)、六条殿において66歳で崩御した。

 

引用:wikipedia

後白河法皇の死因は今でいう【糖尿病】ではないかと言われています。

 

ネットの反応

 

 


 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は『後白河法皇(西田敏行)の死因は?「鎌倉殿」で次に亡くなるのは誰?』

と言うタイトルで、後白河法皇についてお伝えしました。

このドラマの展開から目が離せませんね~。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。