グーグルアドセンスの広告が出ない理由は?原因はコレかも知れない!

 

素晴らしい仕組みのグーグルアドセンスですが、

”広告が出ない”という悩みはありませんか?

 

今回は、『グーグルアドセンスの広告が出ない理由は?原因はコレかも知れない!』

というタイトルで、汗と涙のレポートをお伝えしたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読み下さい。

アドセンスの広告が出ない!

 

pen

いきなり広告が出なくなったのはナゼ?

 

neko

自分で広告をクリックしたニャー

 

アドセンス歴3年程、2年前から本気になってブログ更新を続け、

収益がボチボチ出始めたと思ったら、いきなりゼロ!

「あれ!広告が出てない」

調べると不正なトラフィックの問題とか・・・

トラフィックって交通のこと?

どうやら、自分で広告をクリックした疑いがかけられた様でした。

 

不思議な事にアドセンスの広告はしばらくして出現したり

また消えたりしながらまるで嘲笑うかの様でもありました。

とにもかくにも、こうして2年の長きにわたる、

いつ果てるとも知れない謎解きの旅に出たのでありました。

スポンサーリンク
ogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

身に覚えのない不正行為?

 

間違って、1回か2回はクリックしたかもと思いつつ、

神に誓って不正行為をした覚えはなく、と言うか、

散々グーグルアドセンスのペナルティーについては知ってるつもりでしたので、

他の不正はともかくグーグルアドセンスに関しては潔白でした(笑)

 

この2年間、アドセンス関連書籍10冊、ワードプレス関連を5冊ほど読み漁り、

有料コンサル5~6名に頼りましたが解決には至りませんでした。

 

一時期は「広告出ないなら俺のブログを使わせてあげない」と開き直って、

楽天アフィリエイトなどを頑張った事でモチベを保っていたと思います。

頭の中には『止めたら負け』の言葉しかありませんでした。

 

 

ー広告ー

 

超人気!ナノユニバース西川ダウン情報です。

 

楽天でチェック!

 

 

 

 

原因はコレかも知れない!

 

pen

身に覚えのない事で、どうしても理由が分からないよ~

neko

気の毒だけど、一緒に泣くしかないニャ~

 

つい最近の事、”グーグルパブリッシャーツールバー”

なる自己クリックを防ぐクロームの拡張機能がある事を知り、

入手しようとしましたが昨年5月にこの機能は終了しておりました。

 

その時閃いたのです!

自己クリックを防ぐツールまであったのか!!

それ程自己クリックが問題なのだ、まてよ報酬が発生するのはクリックだけではないぞ、

ページを閲覧するだけでも報酬が発生するというではないか?

ひょっとして、自分で自分のページを見すぎでは・・・

 

丁度、お正月から約1ヶ月間停止していたアドセンス広告が戻ってきたので、

試しにこの一週間意地でも自分のページを見ない様にしました。

記事の追加はワードプレスの管理画面から行って、プレビューも徹底して止めました。

するとこれまで2~3日で消えていた広告が未だ出ているではありませんか!

 

つまり、グーグル様から見れば、

【自分のページを閲覧する⇒不正に報酬を発生させる⇒不正行為!】

という事で広告停止は当然と言えば当然なのでしょう。

 

原因はコレかも知れません。

いやキットコレです!!

ポリシーセンターのペナルティーサインも消えました。

恐らくコレが原因だったのでしょう。

 

まだ一週間ほどですので安心は出来ませんが、

本当にそういう事なら嬉しい限りです。

この喜びは経験した人にしか分からないと思います。

 

しかし、不思議なのはこの事が何処にも書かれてないし、

誰も言わない、まるで誰も知らない事の様に思えることです。

少なくとも何処にも強調されていない様です。

 

もしかすると、当たり前すぎてこんな事で悩むバカは

他にいないのかも知れませんね(笑)

 

 

ネットの反応

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は、『グーグルアドセンスの広告が出ない理由は?原因はコレかも知れない!』

というタイトルで、汗と涙のレポートをお伝えしました。

 

「こんな事で2年間も悩んだの?」「はやく聞きなよ」みたいな

お言葉もあるかと思います。

でも、『もし一人でも同じ悩みの人の役に立てたら』

『躓きからもう一度アドセンスに戻る事が出来たら』

という思いで恥ずかしながらレポートにしました。

 

もしかしたら、同じような記事は既に存在してて、

見出せなかっただけなのかも知れません。

そう思われたら【未熟者】とお笑い下さい。

あるいはまだ他に原因があるのかも知れませんね。

 

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

スポンサーリンク