馬場章(富士山研究)のプロフと出身大学は?研究や活動についても!

   

 

 

12月18日の「サイエンスZERO」に馬場章さんが出演!

馬場章さんってどんな人なのか気になり調べてみました。

今回は、『馬場章(富士山研究)のプロフと出身大学は?研究や活動についても!』

と言うタイトルで、馬場章さんについてお伝えしたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

スポンサーリンク

 

馬場章(富士山研究)のニュース

 

サイエンスZERO - NHK

サイエンスZERO 選 富士山 噴火の歴史を読み解け

 

かつての巨大噴火の謎に迫る最新の調査に密着。

定説を覆す大発見とは?市街地の近くまで達していた火砕流の痕跡も発見!

正しく恐れて備えるため知っておきべき富士山の姿。

 

番組内容

アンコール放送。その美しさで人々を魅了する富士山。

過去5600年間に約180回も噴火を繰り返している、おそるべき活火山でもある。

昨年、17年ぶりに富士山噴火のハザードマップが改定された。

背景にあるのは、過去の噴火を読み解く研究の進歩。

江戸時代の巨大噴火の噴出物が「山」を作り麓の村を焼いたこと、

飛鳥時代の火砕流がこれまでの想定を大きく上回る規模だったことなどが分かってきた。

富士山研究の最前線に迫る。

 

 

出演者

【ゲスト】山梨県富士山科学研究所研究員…馬場章,

【司会】小島瑠璃子,浅井理,【語り】鈴木貴彦

 

引用:「サイエンスZERO」の番組案内から

 

馬場章(富士山研究)のプロフィール

 

ビジュアル検索クエリイメージ

 

 

名前:馬場 章(ばば あきら)

生年月日:不明

出身地:不明

出身大学:不明

職業:山梨県富士山科学研究所研究員

昭和大学, 教養部, 講師

 

 

 

スポンサーリンク

 

馬場章(富士山研究)の研究や活動

 

山梨県富士山科学研究所(富士吉田市)は31日、

過去に起きた富士山噴火の頻度や休止期間を詳しく分析できる手法を開発したと発表した。

溶岩が保持する「地磁気」から噴火の時期を推定するもので、

今後の噴火予測や防災対策への活用が見込まれる。

 

 これまで溶岩が噴出した年代は主に地層の積み重なりなどから推定してきたが、

特定が難しいケースもあった。

 新手法は、磁石のような性質がある地磁気に着目。

高温で噴出した溶岩は鉱物を含んでおり、冷却されると地磁気を記録する性質がある。

地磁気は年代によって方向や強さが変わるとされ、その特徴を調べれば

溶岩の年代特定に役立つという。

 

 同研究所は溶岩などを千点以上集め、紀元前1000年~紀元後1100年ごろの

地磁気の変動具合を体系化した。

個々の溶岩を、この変動具合に当てはめることで噴火の年代や頻度の解明が進むと見込まれる。

引用:https://www.sankei.com/ 2020年10月31日

 

ネットの反応

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は、『馬場章(富士山研究)のプロフと出身大学は?研究や活動についても!』

と言うタイトルで、馬場章さんについてお伝えしました。

 

今の富士山の静かに落ち着いた姿は仮の姿なのですね~。

活火山ならいつ噴火してもおかしくない訳ですが、

そこは馬場章さんの様な専門家が常に状況を把握する事により、

安全が保たれているという事なのでしょう。

様々な危機に対して専門家が対応下さるのは有難い事ですね。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です