渋沢栄一と岩崎弥太郎の「青天を衝け」で描かれない二人の相違点は?

   

 

正妻お千代が亡くなりあと5回を残すのみとなる大河ドラマ。

「青天を衝け」は佳境に入り実に”おかしれえ”ですね~。

 

今回は、『渋沢栄一と岩崎弥太郎の「青天を衝け」で描かれない二人の相違点は?』

と言うタイトルで、対立する二人の人生の”違い”についてお伝えしたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

 

スポンサーリンク

 

渋沢栄一のプロフィール

 

渋沢栄一の似顔絵イラスト

 

名前:渋沢 栄一(しぶさわ えいいち)

生誕:天保11年2月13日(1840年3月16日)

死没:昭和6年(1931)11月11日

享年:91歳

出身地:武蔵国榛沢郡血洗島村

所属地位:幕臣出身実業家

主な功績:日本の資本主義化を牽引した

 

 

 

岩崎弥太郎のプロフィール

 

岩崎弥太郎の似顔絵イラスト

名前:岩崎 弥太郎(いわさき やたろう)

生誕:天保5年12月11日(1835年1月9日)

死没:明治18年(1885)2月7日

享年:50歳

出身地:土佐国安芸郡井ノ口村一ノ宮

所属地位:土佐藩出身実業家

主な功績:三菱財閥の礎を築いた。

(日本で初めてボーナスを出した人物)

 

 

スポンサーリンク

 

渋沢栄一と岩崎弥太郎の相違点

 

渋沢栄一と岩崎弥太郎】2人の実業家の対立と、「日本郵船」誕生 ...

 

大河ドラマ『青天を衝け』(NHK総合 毎週日曜20:00~ほか)の第36回「栄一と千代」では、

一社で利益を追求する岩崎弥太郎(中村芝翫)率いる三菱に対抗し、

あくまで合本にこだわる栄一は海運業者の合本組織・東京風帆船会社を設立した・・・。

とある様に渋沢と岩崎の考え方は全く異なります。

 

それぞれのプロフィールにもある様に渋沢は日本全体を考え、

岩崎は先ずは三菱ファミリーを考えたと、極論することができるかもしれません。

(どちらも『日本のより良い未来』というゴールを目指したのでしょうけれど)

 

この様に異なった考え方の延長線上には後継者問題もあったのではと考えられます。

ドラマ第37回「栄一、あがく」の最期で栄一の長男(篤二)の素行が翳りを見せ、

一説では、岩崎は後継者を育てることに成功し、渋沢は失敗するような触れ方もありますが、

根本はそもそもの二人の考え方の違いに依るものではないでしょうか。

 

栄一はこれまでのドラマの中の言動からも想像できる様に、

弥太郎に在る「財閥」「後継者」というテーマから

遥か遠い処に居たのではないでしょうか?

 

 

ネットの反応

 

 

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は、『渋沢栄一と岩崎弥太郎の「青天を衝け」で描かれない二人の相違点は?』

と言うタイトルで、対立する二人の人生の”違い”についてお伝えしました。

 

渋沢と岩崎の対峙、二人の共通点相違点などについては大河ドラマに限らず、

書籍やネット等でも様々な角度から知ることが出来ます。

 

歴史上ではライバルだった二人も、孫同士が恋愛結婚をしたりして

両家が婚姻関係を結びあい、後の時代を仲良く過ごしたことなどは

二人の笑顔が見える様で、

そのような意味でも本当に”おかしれえ”ドラマですね~。

 

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です