梅沢富美男のプロフィールと最終学歴は?経歴や著書についても!

   

 

1月26日の「徹子の部屋」に梅沢富美男さんが出演!

梅沢富美男さんってどんな人なのか改めて調べてみました。

今回は、『梅沢富美男のプロフィールと最終学歴は?経歴や著書についても!』

と言うタイトルで、梅沢富美男さんについてお伝えしたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

スポンサーリンク

 

梅沢富美男のニュース

 

テレ朝POST » 梅沢富美男、人生の恩人でもある兄が82歳で逝去 ...

徹子の部屋 梅沢富美男

〜難聴から…医師の一言で妻と円満に⁉〜梅沢富美男さんが今日のゲストです。

ゲスト

昨年、中耳炎で難聴になり、耳に補聴器を付けた事で「妻と円満になった」

と喜ぶ梅沢富美男さんがゲスト。

今日は、誰も知らなかった梅沢さんの素顔、

そして黒柳さんとの丁々発止のやり取りをお楽しみに!

 

番組内容

劇団の座長を務めながらテレビでも大活躍する梅沢さん。

その活躍のきっかけとなったのは40年前の『夢芝居』の大ヒットだが、

人生を激変させたそのヒットには黒柳さんが大きく関わっていた⁉昨年、

人生の恩人でもある兄・武生さんが82歳で亡くなった。

兄の想い出を語る梅沢さんには、実は『徹子の部屋』で今日初めて語る苦難の日々が…。

また、“特別な女性”研ナオコさんからのサプライズメッセージを喜ぶ梅沢さんに異変が⁉

 

引用:「徹子の部屋」の番組案内から

 

 

梅沢富美男のプロフィール

 

出展:twitter

梅沢 富美男
出生名 池田 富美男
別名 下町の玉三郎
300年に1人の役者
ミスタープレバト[1]
俳句のおっちゃん
生誕 1950年11月9日(72歳)
出身地 日本の旗 日本福島県福島市
ジャンル 俳優演歌
職業 歌手俳優タレントコメンテーター司会者俳人
担当楽器
活動期間 1952年 –
事務所 株式会社富美男企画
公式サイト 公式サイト

出展:Wikipedia

 

最終学歴:中学校

スポンサーリンク

 

 

梅沢富美男の経歴

 

出展:Twitter

 

 

経歴

 

1939年に旗揚げした剣劇一座「梅沢劇団」の創設者にして、

戦前・戦後まもなくの大衆演劇隆盛期のスターであり、

浅草「常盤座」などの劇場を満員にした花形役者の父・梅沢清(1909年 – 1983年)と、

娘歌舞伎出身の母・竹沢龍千代(1913年 – 1999年)の間に、

8人兄弟の五男(第7子)として生まれる。

 

生まれた当時、阪神タイガースの主力選手だった藤村富美男に因んで「富美男」と名付けられた。

自身が1歳7ヶ月の時、初舞台を踏む。

富美男が中学校に進学した年(1963年度)に、兄の梅沢武生が清から一座を引き継いだ。

富美男は当初男役を演じていたが、贔屓にしてもらっていた石ノ森章太郎のリクエストで

ちあきなおみの「矢切の渡し」を踊ることになり、兄武生の勧めで女形を演じ、

そのまま女形に転身する。

 

独学で得た女形の美しさが一躍話題となって「下町の玉三郎」と呼ばれる一座のスターになり、

また副座長として兄を支えた。2012年10月に武生から座長を引き継ぎ、武生はその後見に回る。

文化人類学者 山口昌男は1981年の東京大学教養学部教養学科 30周年記念連続シンポジウム

第4回「芸術の根にあるもの」の席で、

「私は今、日本で最高の道化役者を挙げろといわれたら梅沢富美男を躊躇なく挙げる」

と絶賛している。

 

歌手としては、1982年に小椋佳が作詞・作曲を手がけた『夢芝居』が大ヒットしている。

翌1983年には同曲で『第34回NHK紅白歌合戦』に初出場。

前川清とは公私ともに仲が良く、共演したNHK『ふるさと皆様劇場』は人気シリーズとなっていた。

また、舞台でも2005年の新歌舞伎座公演などをともにしており、

この年の6月8日にはデュオとして「朝まで踊ろう」をリリースしている。

 

2000年代以降、バラエティ番組やワイドショーでのコメンテーターとしての出演が増加、

前者は特技である料理の腕前を披露することも多い。

後者は読売テレビ『情報ライブ ミヤネ屋』の出演依頼がきっかけで、

当初依頼が来た際「(自分は)中学しか出ていないから」という理由で断っていたが、

同居する義母・義母の妹・お手伝いさんの姿を見て依頼を受けた。

「自分の本業は大衆演劇なので、いつ降板依頼が来ても構わない」というスタンスにより、

辛辣なコメントを行う。

多忙となった現在でも劇団の仕事を優先しており、

劇団の地方巡業時はレギュラー番組を欠席している。

 

2012年5月23日にリリースされた、NHK東日本大震災復興応援ソング『花は咲く』

(花は咲くプロジェクト)に、ボーカルとして参加している。

2014年、テレビ朝日系列の長寿番組『徹子の部屋』にて黒柳徹子のプロデュースにより

松岡昌宏(TOKIO)、大竹まことと共に『松竹梅』というユニットを結成し、

同番組に常連出演している。

2022年1月16日、兄の梅沢武生が死去。82歳だった。

 

 

著書

 

“下町の玉三郎”夢芝居(1983年6月1日、有楽出版社)

理屈が通る世間はない―僕の体あたり子育て・人育て(2002年2月1日、幻冬舎)

艶姿・夢すがた―梅沢富美男・女形写真帳(2002年9月1日、イースト・プレス)

梅沢さんちの台所 梅沢富美男愛情レシピ集(2007年12月10日、日東書院本社)

梅沢富美男の昼顔劇場(2008年9月10日、日東書院本社)

居酒屋 富美男(2008年10月2日、日東書院本社)

正論 〜人には守るべき真っ当なルールがある〜(2017年7月6日、ぴあ)

富美男の乱(2017年9月25日、小学館)

顔で笑って、心で泣いて。 忘れられない母のことば(2018年1月25日、ブックマン社)

人生70点主義 自分をゆるす生き方(2021年12月1日、講談社)

 

出展:Wikipedia

 

 

ネットの反応

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は、『梅沢富美男のプロフィールと最終学歴は?経歴や著書についても!』

と言うタイトルで、梅沢富美男さんについてお伝えしました。

 

”「自分の本業は大衆演劇なので、いつ降板依頼が来ても構わない」

というスタンスにより、辛辣なコメントを行う。”

なるほどですね~。

梅沢富美男さんの芯の強さはそこにあるのですね。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です