太田緑ロランスのプロフと出身大学は?経歴や出演作品についても!

   

 

10月1日の「理想的本箱 君だけのブックガイド」に太田緑ロランスさんが登場!

太田緑ロランスさんって実際はどんな人なのか気になり少し調べてみました~。

今回は、『太田緑ロランスのプロフと出身大学は?経歴や出演作品についても!』

というタイトルで、太田緑ロランスさんについてお伝えしたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

スポンサーリンク


 

太田緑ロランスのニュース

 

出展 : twitter

 

 

理想的本箱 君だけのブックガイド 「もっとお金が欲しいと思った時に読む本」

「もっとお金が欲しいと思った時に読む本」。

“お金に換えられないぜいたく”をつづったエッセイ、買物の諸相をのぞき見る絵本、

格差の根源をやさしく語る済書を選書。

 

 

番組内容

悩み多き10代の漠然とした不安や悩み、好奇心に答える一冊を、

世界の数え切れない本の中から見つけてくれるプライベート・ライブラリー「理想的本箱」。

今回の選書テーマは「もっとお金が欲しいと思った時に読む本」。

1冊目は“お金に換えられないぜいたく”をつづった女性作家のエッセイ。

2冊目は“買物”に付随する諸相をのぞき見られる絵本。

3冊目は父親が娘に語るという形式で格差の根源をドラマチックに語る経済書。

 

引用:「理想的本箱 君だけのブックガイド」の番組案内から

 

 

太田緑ロランスのプロフィール

 

画像

出展 : twitter

 

 

おおた みどり ロランス
太田 緑 ロランス
生年月日 1981年3月16日(41歳)
出身地 日本の旗 日本・北海道札幌市
身長 173 cm
血液型 A型
職業 モデル・女優
ジャンル 映画・テレビドラマ・舞台
活動期間 2000年代 –
事務所 アルファエージェンシー
公式サイト 太田 緑 ロランス – ALPHA AGENCY|アルファエージェンシー
主な作品
テレビドラマ
『ハゲタカ(2007年)』
『ハゲタカ(2018年)』
『限界団地』
『グランメゾン東京』

 出展:Wikipedia

 

太田緑ロランスさんはフランス人の父親と日本人の母親の間に生まれます。

出身大学は早稲田大学文学部。

特技は水泳、フランス語・英語、絵画、朗読。

趣味は旅行と散歩だそうです。

スポンサーリンク

太田緑ロランスの経歴

 

太田緑ロランスさんは早稲田大学文学部在学中より、モデル、舞台、映画などで活動開始。

2010年、NODA・MAPの三人芝居「表に出ろいっ!」で中村勘三郎と野田秀樹の娘を演じます。

2007年の『ハゲタカ(2007年)』と

2018年の『ハゲタカ(2018年)』では同じ役柄を演じました。

 

 

太田緑ロランスの出演作品

 

映画

  • 下妻物語(2004年5月29日)
  • 偶然の続き(2005年、ヒロイン)
  • 交渉人 真下正義(2005年5月7日)
  • 夜のピクニック(2006年9月30日)
  • 姦C THE 映画(2007年10月29日)
  • 夢売るふたり(2012年9月8日)
  • 紅い襷~富岡製糸場物語(2017年12月2日)

テレビドラマ

  • 元カレ(2003年、TBS)
  • ハゲタカ(2007年2月17日 – 3月24日、NHK) – リン・ハットフォード 役
  • 似顔絵捜査官(2008年、フジテレビ)
  • メイドインジャパン(2013年、NHK)
  • 誤断(2015年、WOWOW)
  • コールドケース 〜真実の扉〜 Season1 第9話(2016年12月17日、WOWOW)- 橘一枝(シスター、1970年)役
  • きみはペット 第11話(2017年5月15日、フジテレビ)
  • 人生が楽しくなる幸せの法則 第2話(2018年1月17日、読売テレビ)
  • 怪盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー 第9話(2018年4月8日、テレビ朝日) – エマ・ゴルディー二 役
  • 連続テレビ小説 半分、青い。 第68回 – 第70回(2018年6月20日 – 22日、NHK) – 藤真由美 役
  • ハゲタカ(2018年7月19日 – 9月6日、テレビ朝日) – リン・ハットフォード 役
  • 限界団地(2018年、東海テレビ) – 東加代子(若い頃) 役
  • グランメゾン東京 第7話・最終話(2019年12月1日・29日、TBS) – エリーゼ 役
  • SUITS/スーツ Season2 第3話(2020年7月27日、フジテレビ) – 吉永由紀子 役
  • ナイルパーチの女子会 第4話(2021年2月20日、BSテレ東)
  • パレ・ド・Z〜おいしさの未来〜(2021年、BSフジ)- カメラマン 役

舞台

  • ダンデライオン(2001年)
  • 幽霊はここにいる(2002年)
  • ピルグリム(2003年)
  • トランス(2004年)
  • 246番地の雰囲気(2004年)
  • 城(2005年)
  • センター街(2005年)
  • アクト・ア・レディー(2006年)
  • 水の話(2006年)
  • 「審判」「失踪者AMERIKA」(2007年)
  • 空中ブランコ(2008年)
  • 表に出ろいっ!(2010年)
  • 南へ(2011年)
  • Understandable?(2011年)
  • ミッション(2012年)
  • ポリグラフ(2012年 – 2013年)
  • スカパン(2013年)
  • 失踪者AMERIKA(2013年)
  • もっと泣いてよフラッパー(2014年)
  • ポリグラフ(2014年〈再演〉)
  • 海の夫人(2015年)
  • スカパン(2015年〈再演〉)
  • 嗚呼いま、だから愛。(2016年、2018年)
  • 天の敵(2017年)
  • 怪談 牡丹燈籠(2017年)
  • 円生と志ん生(2017年)
  • お気に召すまま(2018年)
  • Le Père 父(2019年)
  • WILD(2019年)
  • 渦が森団地の眠れない子たち(2019年)
  • 首切り王子と愚かな女(2021年)

CM

  • 日本ガイシ(2008年)

 

出展:Wikipedia

 

 

ネットの反応

 


まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は、『太田緑ロランスのプロフと出身大学は?経歴や出演作品についても!』

というタイトルで、太田緑ロランスさんについてお伝えしました。

 

”天は二物を与えず”と言いますが、

太田緑ロランスさんには、健康、美貌、教養・・と三物以上与えられた様ですね~♪

今後益々のご活躍に期待したいと思います。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です