岡田春生(パティシエ)のプロフと最終学歴は?経歴や著書についても!

   

 

12月25日の「情熱大陸」に岡田春生さんが出演!

岡田春生さんってどんな人なのか気になり調べてみました。

今回は、『岡田春生(パティシエ)のプロフと最終学歴は?経歴や著書についても!』

と言うタイトルで、岡田春生さんについてお伝えしたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

スポンサーリンク

 

岡田春生のニュース

 

情熱大陸 | MBS 毎日放送

情熱大陸

【ヴィーガン・パティシエ/岡田春生▽聖夜に…安心して味わえるケーキを】

 

誕生日やクリスマス…アレルギーで食べられない子のために作る、

100%植物由来の絶品スイーツ「同じケーキ」を「皆」で美味しく。

20年前から独学で挑み続ける、職人魂

 

番組内容

「ケーキを食べたくても食べられない」 卵、牛乳、小麦、ナッツ…

人によって原因は様々だが、これらのものを食べると蕁麻疹、腹痛、下痢、

呼吸困難など拒絶反応が…。

だが、そんな“食物アレルギー”の人たちの夢を叶えてくれる店が東京・広尾にある。

ヴィーガン・パティシエ、岡田春生。

彼が作るスイーツの数々は全てが植物性の素材で作られ、

常連客には小泉進次郎・滝川クリステル夫妻やモデルの長谷川理恵などが名を連ねる。

 

番組内容2

小麦粉、バターや牛乳、卵など、王道の食材を使わずに作るスイーツの

レシピが全くなかった20年前から独学で試行錯誤を続ける日々―。

見た目の色、味や食感にもこだわる岡田が今回挑戦するのは“柿を使ったタルト”。

さらに「他の子と同じおやつが食べられない」アレルギーの子がいる学童施設に

ケーキの差し入れを申し出た。

「同じケーキを一緒に食べてもらって、みんなに美味しいと言ってもらいたい」

一途な思いと職人魂を追った

 

引用:「情熱大陸」の番組案内から

岡田春生のプロフィール

 

出展:Twitter

 

 

名前:岡田 春生(おかだ はるお)

生年:1972年(50歳)

出身地:神奈川県横浜市

最終学歴:日本菓子専門学校

職業:ヴィーガン・パティシエ

 

 

スポンサーリンク

 

岡田春生の経歴

 

Image

出展:Twitter

 

 

経歴

 

1972年、神奈川・横浜生まれ 進路に悩んでいた高校3年、

友人と何気なく訪れた日本菓子専門学校(東京・世田谷)の体験入学でお菓子作りの虜に。

卒業後、今はなき横浜の老舗ホテル「ザ・ホテルヨコハマ」のパティスリー部門に12年間勤務。

アシスタントシェフまで務めた。

この時期、卵や乳製品を使用しないアレルギー対応のスイーツのニーズが年々増加したという。

 

2004年、自然派の飲食企業に転職。

パティスリー部門で、マクロビオティックスイーツの開発に10年取り組む。

2015年、自らの手で100%植物由来のスイーツを提供したいと、

ヴィーガンスイーツ専門カフェを鎌倉に開業。

2020年8月hal okada vegan sweets labで東京進出。

 

出展:「情熱大陸」の番組案内から

 

著書

 

『チャヤのスイーツごよみ』 卵・バター・牛乳・白砂糖は使わない季節のお菓子

ほか

ネットの反応

 

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は、『岡田春生(パティシエ)のプロフと最終学歴は?経歴や著書についても!』

と言うタイトルで、岡田春生さんについてお伝えしました。

 

ケーキを食べたくても食べる事が出来ない人達の為に、

独学で100%植物由来のスイーツを造るなど、

岡田春生さんの優しさには脱帽ですね。

今後のご活躍にも注目したいと思います。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です