鰐淵晴子の現在と若い頃は?ご両親とハプスブルク家との関係も!

   

 

9月15日の「徹子の部屋」に女優の鰐淵晴子さんが出演!

お二人の会話は何か盛り上がる予感がして楽しみですね。

今回は『鰐淵晴子の現在と若い頃は?ご両親とハプスブルク家との関係も!』

というタイトルで、華麗なる鰐淵家についてお伝えしたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

 

スポンサーリンク


 

鰐淵晴子のプロフィール

 

わにぶち はるこ
鰐淵 晴子
鰐淵 晴子

1960年
生年月日 1945年4月22日(77歳)
出生地 東京都
身長 165cm[1]
職業 女優歌手バイオリニスト
ジャンル 映画テレビドラマ
配偶者 服部歊(1968年 – 1969年[2]
タッド若松(1972年 – 1986年[2]
著名な家族 鰐淵理沙(娘)
鰐淵賢舟(父・バイオリニスト)
事務所 アートプロモーション
公式サイト 鰐淵晴子プロフィール ホームページ
主な作品
映画
ノンちゃん雲に乗る
伊豆の踊子
悪魔が来りて笛を吹く
隠す

受賞

毎日映画コンクール 女優助演賞
1995年
平成無責任一家 東京デラックス
遙かな時代の階段を
眠れる美女

 出展:Wikipedia

 

 

鰐淵晴子の現在

 

画像

出展:twitter

徹子の部屋での画像ですが、やはり威厳と気品に満ち溢れてありますね。

 

 

鰐淵晴子の若い頃

 

画像

出展:twitter

フランスの俳優アランドロンと肩を並べても非の打ち所がない美貌ですね。

スポンサーリンク


 

鰐淵晴子のご両親

 

鰐淵晴子さんは、お父様が日本人で、お母様はオーストリア人のハーフです。

そのお母様はとても厳しい方だった様で、映画の中のキスシーンでさえも、

厳しいお言葉を頂いたのだとか・・・。

 

お母様のベルタさんは、オーストリア帝国の皇室(ハプスブルク家)の末裔で、

その昔は、NHKラジオのドイツ語講座で歌を歌われたり、

1959年の日本映画「いつか来た道」では、通訳の役で映画に出演されたりしたそうです。

 

お父様の鰐淵賢舟(本名・鰐淵仁四郎)さんはNHK交響楽団のコンサートマスターを

務められたこともある、ヴァイオリニストという事ですので、

映画、演劇、ヴァイオリンで活躍された鰐淵晴子さんはやはり

ご両親の血脈をしっかり受け継いでおられるのですね~♪

 


 

ネットの反応

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は『鰐淵晴子の現在と若い頃は?ご両親とハプスブルク家との関係も!』

というタイトルで、華麗なる鰐淵家についてお伝えしました。

 

確かに人は年齢を重ねると若い輝きは、薄れるものですが、

にじみ出る様な威厳や気品は損なわれる事は無い様ですね。

良い歳のとり方をしたいと思います。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。