菊水健史のプロフィールと出身大学は?経歴や著書についても!

   

 

 

11月16日の「ヒューマニエンスQ(クエスト)」に菊水健史さんが登場!

菊水健史さんってどんな人なのか気になり少し調べてみました。

今回は、『菊水健史のプロフィールと出身大学は?経歴や著書についても!』

というタイトルで、菊水健史さんについてお伝えしたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください

スポンサーリンク

 

菊水健史のニュース

 

2022.6.15㈬ヒューマニエンスQ放送予定♡ | 恋したその日から

 

ヒューマニエンスQ (クエスト) 

「“イヌ” ヒトの心を照らす存在」

 

人間という不思議な存在を問い続ける「探求の旅」シリーズ。

今回は、人類との絆を深めた長年のパートナー「イヌ」。

数万年前からヒトと共に生きることを選んだその訳とは?

 

番組内容

ヒトにとって「イヌ」は長年のパートナーだ。オオカミから分化したイヌは、

ヒトと共に暮らした数万年の中で、お互いに「共進化」する関係だったという。

イヌの脳は、ヒトの“言葉”を理解できるようになり、

イヌの表情筋は、ヒトに“感情”を感じさせるようになった。

そしてイヌとヒトが共に持つホルモンは、家族の様な“絆”を作り出すまでになってきた。

イヌとヒトという異なる種の共存関係から生まれた進化の意味を妄想する。

 

 

出演者

【司会】織田裕二,井上あさひ,【出演】山田五郎,

【解説】麻布大学教授…菊水健史,【語り】藤井千夏

 

引用:「ヒューマニエンスQ(クエスト)」の番組案内から

 

 

菊水健史のプロフィール

 

犬と人の物語:2018年戌年/1 一緒だよ、そばにいる 深い絆 ...

出展:mainichi.jp

 

 

名前:菊水 健史(きくすい たけふみ)

生年月日:1970年4月7日(52歳)

出身地:鹿児島県

出身大学:東京大学農学部卒業

職業:麻布大学獣医学部教授、博士(獣医学)

専門:獣医学

 

 

スポンサーリンク

 

菊水健史の経歴

 

日本犬はオオカミと最も遺伝子が近い? そのルーツを紐解きに ...

出展:meguri-japan.com

 

経歴

2011年4月 – 現在 玉川大学 客員研究員

2009年4月 – 現在 麻布大学獣医学部 動物応用科学科 介在動物学 教授

2013年 – 2017年 慶応義塾大学 非常勤講師

2010年10月 – 2014年10月 国立大学法人宇都宮大学 非常勤講師

2011年4月 – 2012年3月 国立大学法人名古屋大学 大学院生命農学研究科 非常勤講師

2010年10月 – 2011年3月 国立大学法人千葉大学 非常勤講師

2007年4月 – 2009年3月 麻布大学獣医学部 動物応用科学科 伴侶動物学 准教授

1997年5月 – 2007年4月 東京大学大学院 農学生命科学研究科・助手

1995年4月 – 1997年5月 三共(株) 神経科学研究所

1988年4月 – 1994年3月 東京大学 農学部 獣医学科

 

出展:https://researchmap.jp/

 

 

著書

 

『日本の犬 人とともに生きる』

『狼』

『オオカミと野生の犬』

ほか

 

 

 

ネットの反応

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は、『菊水健史のプロフィールと出身大学は?経歴や著書についても!』

というタイトルで、菊水健史さんについてお伝えしました。

 

犬は飼い主との再会で涙の量が増える・・・

どれだけ愛情が通い合う存在なのでしょうか?

この様な研究をされている菊水先生についても

もっと知りたくなってきました。

番組を楽しみにしたいと思います。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です