宮沢孝幸京大准教授のTwitterが過激!ワクチン接種は不要か?

   

 

 

蔓延防止法等、人流制限のコロナウィルス感染拡大防止効果の検証をはじめ、

一体、政府の打ち出す新型コロナ対策の評価はどうなっているのでしょうか?

今回は『宮沢孝幸京大准教授のTwitterが過激!ワクチン接種は不要か?』

というタイトルで、

宮沢先生の対新型コロナウィルス提言についてお伝えしたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

 

スポンサーリンク

 

宮沢孝幸氏の最新情報

 

京大・宮沢准教授が批判されても伝えたいこと 『ウイルス学者の責任』3/26発売
『ウイルス学者の責任』書影

 

 

ウイルス学の専門家として、世に伝えるべきことがある。

日本の自粛要請は過剰であり、スポーツイベントやコンサートの中止は不要だった。

ルールを決めれば、飲食店を休業にしなくてもよかった。

そして、子供がワクチンを打つことについては強く疑義を呈したい――。

SNSでいち早く新型コロナ対策を呼びかけて話題になった研究者が、

批判覚悟でCOVID-19から学ぶべき教訓を語り、警鐘を鳴らす。

 

引用: PHP新書 「ウィルス学者の責任」

 

 

 

宮沢孝幸先生については以前から

『酒飲んで大声出せば危険。それがわからん奴は、とっとと感染しちまえ』

の発言の【炎上】で知られていますが、その本音は下記の1/100作戦だと思われます。

 

 

「100分の1作戦」とは、感染門戸(目・鼻・口)に付着するウイルス量を、

通常に感染する際の100分の1にするというものです。

つまりはマスク、手洗い、顔洗い、うがい等基本的な予防対策で

付着したウィルス量を激減させようという提言です。

 

よく言われるように過剰に人流制限をしてしまうと、

「人が死ぬ前に経済が死ぬ」みたいな事でしょうか?

「ケーキを切るのにノコギリを使うな」の様にもとれます。

言い方を変えるとマスク着ければソーシャルディスタンスは不要という事ですね。

 

スポンサーリンク

 

宮沢孝幸氏のTwitter

 

 

 

宮沢孝幸氏のyoutube

 

ひろゆき氏とのリモート対談です。(先生興奮し過ぎ!)

 

ネットの反応

 

 

 

コチラの記事も読まれています。

宮沢孝幸京大准教授のコロナツイッターが分かり易い!プロフや経歴も調査!

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は『宮沢孝幸京大准教授のTwitterが過激!ワクチン接種は不要か?』

というタイトルで、

宮沢先生の対新型コロナウィルス提言についてお伝えしました。

 

それにしても、宮沢孝幸先生に対するネットの反応の振れ幅には驚きですね。

まさに、

【コロナウイルスに対する自粛政策やワクチンに対する見解の相違で人々の分断が進んでいる】

ウィルスが二ヤリと笑っている気がします。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

スポンサーリンク