二木芳人昭和大学医学部教授の経歴とプロフ!声の良いヒゲダンが気になる!


TVをつければコロナ解説に登場されている二木先生!

まるで放送局にお泊りされてるのでは?

と思うほどよく出演されていますよね~。

 

古武士を思わせる風貌と落ち着いたお話ぶり・・・

一体どんな先生なのでしょうか?

 

今回は『二木芳人昭和大学医学部教授の経歴とプロフ!声の良いヒゲダンが気になる!』

と言うタイトルで、先生の経歴とプロフィール、お声の魅力や髭ダンディズムについて

触れてみたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

スポンサーリンク

二木芳人先生の経歴とプロフィール

 

名前:二木 芳人(にき よしひと)

生年:1950年(未確認)

出身地:広島県(未確認)

職業:医者、昭和大学客員教授

専門分野:感染症、呼吸器

1976年川崎医科大学卒業。

1978年川崎医科大学呼吸器内科入局、米国Minnesota大学留学。

1982年川崎医科大学呼吸器内科助手。

1983年川崎医科大学呼吸器内科講師。

1988年~1990年米国New York Memorial

Sloan‐Kettering Cancer Center留学、川崎医科大学呼吸器内科講師。

2006年倉敷第一病院呼吸器センター副センター長、11月より昭和大学医学部臨床感染症学講座教授。

 

スポンサーリンク

 

声の良い髭ダンディズム!

 

TVの二木先生は何時も落ち着いておられて、そのお声といい、

お話の間やテンポといい何かホットするものを感じますよね。

同じような事はネットでも多くの方がそう言われている様です。

 

またその風貌が昔のお侍の様でもあり、映画『赤ひげ』の主人公の様でもあり、

独特なダンディズムを感じますので、勝手にヒゲダンなどと呼ぶ人がいたりして、

最近は流行らない、鍔のある帽子などもきっとお似合いなのでしょうね。

ネットの反応

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は『二木芳人昭和大学医学部教授の経歴とプロフ!声の良いヒゲダンが気になる!』

と言うタイトルで、先生の経歴とプロフィール、お声の魅力や髭ダンディズムについて

触れてみました。

 

やはりネットの反応も先生のお身体の心配の声が多かったですね。

TVの露出が半端ない状況ですが、

それもそのはず、二木先生は感染症と呼吸器のご専門なのですね。

だけど、本当にお身体を大事にしてもらいたいものです。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

スポンサーリンク