森尾由美のプロフィールと最終学歴は?経歴や活動についても!

   

 

 

12月2日の「徹子の部屋」に森尾由美さんが出演!

森尾由美さんってどんな人なのか改めて調べてみました。

今回は、『森尾由美のプロフィールと最終学歴は?経歴や活動についても!』

と言うタイトルで、森尾由美さんについてお伝えしたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

スポンサーリンク

 

森尾由美のニュース

 

徹子の部屋 - 番組表.Gガイド[放送局公式情報満載]

徹子の部屋 森尾由美

 

〜“遠距離別居”で結婚30年…初孫が誕生するも〜森尾由美さんが今日のゲストです。

 

ゲスト

今年で結婚30年!森尾由美さんがゲスト。

 

 

番組内容

知り合う前からアメリカで暮らしていた夫とは今も遠距離別居の状態。

一緒に暮らしたのはトータルで13年ほどだという。

そんな日常で6月には初孫も誕生し喜んだのもつかの間、9月に最愛の母を亡くした。

娘たちが小学生の頃に10年ほどアメリカに移住していた時、

仕事で帰国する森尾さんに代わり、母がアメリカに来て子育てを手伝ってくれたという。

これから母に恩返しができると思っていた矢先のことで…と涙が止まらなかった。

 

引用:「徹子の部屋」の番組案内から

 


 

森尾由美のプロフィール

 

出展:Twitter

 

もりお ゆみ
森尾 由美
本名 河合 由美
生年月日 1966年6月8日(56歳)
出生地 日本の旗 日本東京都豊島区巣鴨
出身地 日本の旗 日本埼玉県草加市
身長 162cm
血液型 A型
職業 女優
声優
タレント
活動期間 1982年 –
配偶者
主な作品
テレビドラマ
ねらわれた学園
ラブの贈りもの』シリーズ
大好き!五つ子』シリーズ


アニメ
陽あたり良好!
こちら葛飾区亀有公園前派出所


バラエティ・情報番組
天才・たけしの元気が出るテレビ!!
はやく起きた朝は…
はなまるマーケット

出展:Wikipedia

最終学歴:明治大学付属中野高校(定時制)

 

スポンサーリンク

 

森尾由美の経歴

 

出展:Twitter

 

 

デビュー前・高校生活

 

中村高等学校に入学後、1年目までは通常どおり進級するが2年生以降から本格的に仕事を始め、

出席日数不足の為、留年、3年生に進級できず計2回の留年となる。

その後2年生から明治大学付属中野高校定時制へ転校し、卒業。

以上の流れで高校生活を併せて6年間送るが卒業時は学年2位の優秀な成績であった。

大学進学を勧められるが進学せず芸能活動に専念している。

 

 

芸能活動

 

雑誌『Seventeen』読者モデルに応募し、掲載写真を見たスターダストプロモーションの

関係者にスカウトされる。

 

1982年に、フジテレビのドラマ『ねらわれた学園』でデビュー。

翌年「お・ね・が・い」でアイドル歌手デビューを果たし、クレアラシルのCMなどに出演。

以後、『オールナイトフジ』の司会や『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』など

バラエティーでも活躍し、タレント活動の幅を広げる。

フジテレビ系トークバラエティ「森の磯松」シリーズで人気、知名度が定着し、

1990年代には多くのトレンディドラマに出演した。

 

30代前半にTBS系「愛の劇場シリーズ」の「大好き!五つ子」シリーズで五つ子の母親役を演じ、

代表作の一つとなる。

なお、2009年3月で終了した同枠のドラマにおいて計13回主演し、

愛の劇場シリーズの主演最多記録を持つことになった。

声優としても活動し、アニメ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』のメインキャラクターである

秋本麗子役は10年以上の長きに渡り演じ続けている。

 

 

エピソード

 

金子功のファッションブランド「ピンクハウス」の服を愛用しており、

「森の磯松」シリーズでは必ず着用している。

 

「季節はずれの海岸物語」にゲスト出演した当時から、可愛かずみとは親友関係で、

可愛が亡くなった時は、とても悲しんでいたという。

 

出展:Wikipedia

 


 

ネットの反応

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は、『森尾由美のプロフィールと最終学歴は?経歴や活動についても!』

と言うタイトルで、森尾由美さんについてお伝えしました。

 

「はやく起きた朝は 」の、磯野貴理子さん 、松居直美さん、森尾由美 さんの、

トーク番組はお馴染みで、森尾さんはどちらかと言うと、おっとりしていて、

他のお二人の”愚痴や悩み”に対する”癒し役”だったような気がします。

 

その森尾由美さんがおばあちゃんだなんて・・・

信じられない気持ちと、

「道理でコチラも歳をとるはずだ」といった納得が混ざり合ってしまいます。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です