NEWスーパーM(ウィルス撃退くん)の口コミや経済性は?

   

 

病院や介護施設、オフィス、 レストラン、店舗、事業所等で大活躍の強力除菌装置が、

新しい生活様式のまるごと空間除菌対策として一般家庭の人気も集めている様です!

 

今回は『NEWスーパーM(ウィルス撃退くん)の口コミや経済性は?』

というタイトルで、この99.9%高速除菌装置についてお伝えしたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読みください。

 

スポンサーリンク

 

NEWスーパーM(ウィルス撃退くん)とは?

 

pen
ウィルス撃退くんってなぁに?

 

 

neko
動画もあるんだニャ~

 

 

コンビニやレストランで従来のエアタオルが使用禁止になっていますが、

理由はウィルスや雑菌をまき散らしてしまうからだとか・・・。

 

エアタオルと言えば、手洗い後の濡れた手をエアで吹き飛ばすという

物に触れる事のない清潔なイメージだったわけですが、

 

エアタオルを使用した場合は、手は洗う前よりも汚染リスクがあり、

指先で平均42%、手のひらで平均15%の菌が増加したといった調査結果があるそうです。

このことからウイルス感染防止対策として、エアタオルは使用禁止になったのでしょうね。

 

NEWスーパーM(ウィルス撃退くん)は、131℃の熱風と除菌ランプのダブル除菌効果で、

およそ5秒~10秒の間にあらゆるウイルスを99.9%強力除菌できるとの事。

 

さらに手指のほか、マスクやハンカチ、手袋、コップ布巾などの除菌にも効果を発揮し、

10m以内の空間除菌も可能というから凄いですよね。

 

そのうえオゾンによる消臭効果も期待できるため、衛生管理が求められる店舗や商業施設、

医療機関やオフィスなどあらゆる施設の新型コロナ対策に採用されて、

その導入実績は既に3万5千件を超えているとか。

 

マスクが新しい生活様式として定着したように、

これからはNEWスーパーM(ウィルス撃退くん)が一般家庭にも広がっていくものと思われます。

 

従来のエアータオル

ウイルスや雑菌が飛び散ってしまう

従来のエアータオル

従来のエアータオルは菌をまき散らしてしまいます。

NEWスーパーM

131℃の熱風+除菌ランプのダブル除菌!
さらに周辺10mの除菌にも効果を発揮!

NEWスーパーM

「NEWスーパーM」は厚生労働省指定機関の検査を受けています。

HACCPにも対応しており、安心して利用できます。

 

pen
飲食店にあると最高の感染対策アピールだよねー

 

スポンサーリンク

 

NEWスーパーM(ウィルス撃退くん)の特長

 

【NEWスーパーM】の特長は

① 131℃の熱風と除菌ランプのダブル除菌効果でウィルスや細菌を99.9%撃退

②   手指のほか、マスクやハンカチ、手袋、コップ等も除菌できる

③ 10m以内の空間除菌も可能

④ ノロウイルス・インフルエンザ・O-157などにも効果

⑤ ペーパータオルに比べると97%コスト削減の経済性

 

ぺーパータオルとの月額コスト比較

月額のコストは電気代のみ!

コスト削減率は97%※に!

※ペーパータオルは1日100枚使用(1回2.5枚)、電気代料金は25円/kwhとして算出。

1,000回使用しても、
かかる電気代は約54円~約91円程度!

フィルターの交換も不要!

 

neko
感染対策とコスト削減が同時に出来るんだニャ~

 

NEWスーパーM(ウィルス撃退くん)が買えるお店

 

NEWスーパーM(ウィルス撃退くん)はこちらから購入できます。

< 画像をクリック >

     ↓

新しい生活様式のまるごと空間除菌対策に!

99%の強力な殺菌効果!



NEWスーパーM(ウィルス撃退くん)の口コミ

 

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は『NEWスーパーM(ウィルス撃退くん)の口コミや経済性は?』

というタイトルで、この99.9%高速除菌装置についてお伝えしました。

 

ウィルスは肉眼で見えないだけに、

何処までどの様にガードすれば良いのか分からないところが怖いですね。

しかし、体の中では顔と手が重要なガードポイントだとも言われています。

新しい生活様式として顔はマスクで、手は除菌装置でウィルス撃退を心がければ、

感染の危険性は大幅に減少するのではないでしょうか?

 

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク