鈴鹿市新型コロナワクチン接種の予約方法は?安全性は?

   

 

 

新型コロナワクチン接種に関してネットや電話が繋がりにくくなっており、

特に高齢者向け接種を巡る混乱が全国の自治体で多発しているようです。

 

今回は、『鈴鹿市新型コロナワクチン接種の予約方法は?安全性は?』

と言うタイトルで、鈴鹿市の高齢者中心の情報をお伝えしたいと思います。

どうぞ最後までごゆっくりお読み下さい。

 

スポンサーリンク

新型コロナワクチン接種はいつから?

 

pen

鈴鹿市での高齢者のワクチン接種はいつから始まるのかな?

neko

集団接種が6月13日から始まるニャ~

 

ワクチン接種は全国的に下記の順に実施される予定です。

①医療従事者等

②高齢者(令和3年度中に65歳に達する、昭和32年4月1日以前に生まれた方)

③高齢者以外で基礎疾患を有する方や高齢者施設等で従事されている方

④それ以外の方

この順序で実施されると鈴鹿市の一般の方の接種は7月~8月がピークになるかと思われます。

 

対象者と受けられる時期(鈴鹿市)

高齢者(65歳以上)
接種券発送:3月29日
予約開始 :5月11日
接種開始 :5月10日(個別接種)
6月13日(集団接種)
基礎疾患のある人、高齢者施設等の従事者
接種券発送:未定
予約開始 :未定
接種開始 :公式サイトを参照
その他の人
接種券発送:未定
予約開始 :未定
接種開始 :公式サイトを参照

 

接種までの流れ(全国共通)

 

接種は原則、住民票のある市区町村で、定められた医療機関や公共施設などの会場で行います。

接種までの流れは以下のとおりです。

 

出典:厚生労働省 画像制作:Yahoo! JAPAN(厚生労働省の資料を元に作成)

 

接種の流れ①『接種券が届く』

接種開始時期の前に、市区町村から「接種券」と「接種のお知らせ」が郵送で届きます。なお、以下に該当する方は住所以外の場所で接種ができる見込みです。 ・入院入所中で住所地以外の医療機関や施設で接種する方 ・基礎疾患治療中の医療機関で接種する方 ・お住まいが住所地と異なる方

 

接種の流れ②『接種日時を予約する』

接種には予約が必要です。「接種のお知らせ」内に記載の番号に電話をするか、各自治体のホームページなどで予約ができます。 ・厚生労働省が準備した「コロナワクチンナビ」では接種会場を探すことができます。

 

接種の流れ③『接種会場へ行く』

当日は「接種券」と「本人確認書類」を忘れずに持参してください。会場では医師による予診も行われます。

 

接種の流れ④『接種と待機』

接種は筋肉注射のため、肩を出しやすい服装がおすすめです。なお、接種後は必ず15分以上、経過観察を行うため、会場で安静に待機をしてください。これは急激なアレルギー反応や体調の変化が出た場合に備えるためです。

 

スポンサーリンク

 

新型コロナワクチン接種はどこで?

 

接種医療機関

ワクチン接種実施医療機関(市内)はこちらをご覧ください。

※医療機関からの要請や予約状況によって、予約方法を変更する場合がありますので、ご注意ください。

集団接種会場

次の4会場で実施します。(外部サイトのマップへ移動します)

 

新型コロナワクチン接種の予約方法は?

 

pen

予約の方法とかは?

neko

まず、お役所から「接種券」と「接種のお知らせ」が届くんだニャ

市区町村から届く「接種のお知らせ」に従って下記の手順で進めます。

➀ 自分の接種時期が来ましたら接種できる医療機関・接種場所を確認します。

② 電話やインターネットで予約します。

③ 当日は「接種券」と「本人確認書類」(免許証等)持参で会場に行きます。

 

予約方法

予約方法は次の4つです。なお、予約には接種券(クーポン)が必要ですので、

お手元にご用意ください。

  • インターネットで予約
    ワクチン接種予約管理システムで、医療機関や日時を選択し、ご予約ください。
    ワクチン接種予約管理システム
    Web予約マニュアル
  • コールセンターで予約
    鈴鹿市コロナワクチンコールセンターへ連絡し、ご予約ください。
    電話 0570-012-382
  • 医療機関で予約
    かかりつけ医療機関での接種の予約方法は、各医療機関によって異なります。詳しくは、こちらをご覧ください。なお、医療機関からの要請や予約状況によって、予約方法を変更する場合がありますので、ご注意ください。
    ワクチン接種実施医療機関(市内)
  • ファクスで予約
    耳の不自由な方を対象にした予約方法です。専用の申し込み用紙でお申し込みください。
    ファクス 059-384-5670

※予約方法は、動画(手話通訳あり)でもご案内しています。動画については、こちらをご覧ください。

新型コロナウイルスワクチン接種の予約 インターネット簡単ご予約はこちら

予約受付日

個別接種

毎週火曜日に新しい予約枠(2週間先の接種分)の受付を開始します。なお、予約が埋まった場合は、翌週の火曜日以降に予約を行ってください。

予約受付開始日 1回目の接種時期 予約枠数
4月26日(月曜日)から 5月10日(月曜日)~5月15日(土曜日) 3,000人
5月4日(火曜日)から 5月17日(月曜日)~5月22日(土曜日) 3,700人
5月11日(火曜日)から 5月24日(月曜日)~5月29日(土曜日) 3,900人
5月18日(火曜日)から 5月31日(月曜日)~6月5日(土曜日) 3,900人
5月25日(火曜日)から 6月7日(月曜日)~6月12日(土曜日) 3,700人
6月1日(火曜日)から 6月14日(月曜日)~6月19日(土曜日) 3,900人
6月8日(火曜日)から 6月21日(月曜日)~6月26日(土曜日) 3,900人
6月15日(火曜日)から 6月28日(月曜日)~7月3日(土曜日) 4,000人
6月22日(火曜日)から 7月5日(月曜日)~7月10日(土曜日) 4,000人
6月29日(火曜日)から 7月12日(月曜日)~7月17日(土曜日) 4,000人
7月6日(火曜日)から 7月19日(月曜日)~7月24日(土曜日) 4,000人
7月13日(火曜日)から 7月26日(月曜日)~7月31日(土曜日) 4,000人

※7月20日(火曜日)以降も新しい予約枠(2週間先の接種分)の予約を受け付けます。
※鈴鹿回生病院での個別接種については、5月11日(火曜日)から予約受付を開始し、5月24日(月曜日)から接種を行います。ただし、6月7日(月曜日)から12日(土曜日)までは医療従事者の接種を行うため、個別接種は休止します(6月14日(月曜日)から再開)。
※鈴鹿中央総合病院での個別接種については、6月15日(火曜日)から予約受付を開始し、6月28日(月曜日)から接種を行います。

集団接種

第1日程(6月13日(日曜日)・7月4日(日曜日))と第2日程(6月20日(日曜日)・7月11日(日曜日))があります。
なお、各日程の午前の部と午後の部で予約受付開始日が異なりますので、ご注意ください。

予約受付開始日 接種時期 予約枠数
1回目の接種 2回目の接種
4月26日(月曜日)
8時30分から
第1日程 1,200人
6月13日(日曜日)午前 7月4日(日曜日)午前
第2日程 1,200人
6月20日(日曜日)午前 7月11日(日曜日)午前
5月11日(火曜日)
8時30分から(予定)
第1日程 1,200人
6月13日(日曜日)午後 7月4日(日曜日)午後
第2日程 1,200人
6月20日(日曜日)午後 7月11日(日曜日)午後

2回目の接種予約

高齢者向けの接種で使用するファイザー社のワクチンは、1回目から3週間後(3週間後の同じ曜日)に2回目を接種することになっています。このため、高齢者のワクチン接種については、1回目の接種と2回目の接種を一度に予約する必要があります。
具体的には、1回目の接種の予約日時からちょうど3週間後が、2回目接種の予約日時となります。3週間後の予定も考慮して、ご予約ください。

ファイザー社のワクチンは、有効性を保つために冷凍した状態で運搬や保管をすることが必要で、各医療機関や接種会場に到着後、5日以内に使用しなければなりません。ワクチンを適正に管理し、接種を希望される高齢者の皆さんへ確実に2回目の接種を提供するためにも、2回の予約にご協力ください。

予約の取消・キャンセル

予約キャンセルは、貴重なワクチンの廃棄につながります。多くの高齢者の皆さんがワクチン接種を受けられるよう、やむを得ない事情以外でのキャンセルはお控えください。

neko
ワクチン接種費用は無料だニャン

 

新型コロナワクチン接種の安全性は?

 

ワクチンの安全性については短期的には深刻な副作用は無い模様です。

長期的には未だデータがありませんので不明との事です。

もちろん、ワクチン接種は強制的なものではありません。

 

 

ネットの反応

 

 

コチラの記事も読まれています!

鈴鹿市新型コロナ感染者数速報は?増減状況もすぐ分かる!

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は『鈴鹿市新型コロナワクチン接種の予約方法は?安全性は?』

と言うタイトルで、鈴鹿市の高齢者中心の情報をお伝えしました。

 

新型コロナワクチン接種は副反応の有無など気になる点もありますが、

様子を伺いながらワクチン接種の順番を待つしかないのでしょうね。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク